業界ニュース  2019-10-30

降灰マーカーとドローンを活用した降灰量調査が実施されます

~火口周辺の降灰の量を素早く提供するための試み~

国土交通省により、ドローンを活用した火山噴火時の降灰量調査が行われます。
以下、国土交通省HPより引用。

 国土交通省は、火山噴火時の降灰により土石流が発生する危険性が高まった場合、土砂災害防止法※1に基づく緊急調査を実施し、市町村が適切に避難指示の判断を行えるよう、土砂災害による被害の想定される区域・時期の情報(土砂災害緊急情報)を提供しています。
 緊急調査では、火山灰の堆積状況の把握が必要となりますが、噴火警戒レベルの引上げ等による立入規制で特に火口周辺の降灰量調査が困難となる場合があります。
 このため、立入規制区域内での降灰量調査手法の検討を行い、この度、降灰マーカー等※2を用いた降灰量調査を阿蘇山と霧島山で試行的に実施することになりました。
 将来的には適切に降灰マーカー等を設置しておくことで、遠隔地からの無人航空機(UAV)による安全かつ迅速な調査を行うことができ、市町村への土砂災害緊急情報の迅速な提供が可能となります。
※1 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律【別紙2参照】
※2 降灰マーカー及び降灰ゲージ【別紙1及び別紙3参照】

Copyright © 国土交通省