業界ニュース  2019-04-25

ラジコン飛行機墜落、燃料漏れて山林火災 神戸

平成31年4月23日午後0時20分ごろ、神戸市北区山田町藍那の竹やぶに、無線操縦(ラジコン)飛行機が墜落。燃料が漏れたことなどから出火し、周囲の竹など約千平方メートルを焼いた。約30分後に消し止められた。人や建物への被害はなかった。

兵庫県警神戸北署によると、ラジコン飛行機は両翼約1・5メートルのプロペラ機型。現場付近にはラジコン飛行機専用の滑走路があり、男性(68)が操縦していたところ、尾翼が動かなくなり、墜落したという。
2019/4/23 15:59神戸新聞NEXT

ラジコン機の墜落事故について
平成31年4月23日、兵庫県神戸市の竹藪にラジコン飛行機が墜落し、周囲の竹など約千平方メートルを焼く事故が発生しました。人や建物に被害はありませんでしたが、無人航空機(エンジン機、電動機)が不時に落下した場合、地上火災が発生する可能性がありますので、操縦者や補助者が消火機材を用意および携行するなどの必要性についてご検討頂ければ幸いです。なお、電動の無人航空機の場合は、バッテリーから火花が飛び散っている時には近寄らず、火花が収まってから、初期消火の対応を行うなど注意が必要です。
国土交通省航空局安全部運航安全課 無人航空機担当


関連リンク
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201904/0012268027.shtml