お知らせ  2019-08-23

北海道アグリ・フードプロジェクト2019が開催されます

2019年10月23日水曜日・10月24日木曜日

農業を起点とした“食のバリューチェーン”に関わる全ての関係者が札幌に集う展示会「北海道アグリ・フードプロジェクト」が
2019年10月23日水曜日・10月24日木曜日にアクセス札幌にて開催されます。
マゼックス社製の農薬散布ドローンの販売・整備を行っている、グループ会社の株式会社ゼンリンが出展します。

参加方法等、イベントについての詳細は以下のURLからご確認ください。


 業界ニュース  2019-08-23

航空局からのお知らせ

【重要】無人航空機の飛行ルールの追加について

令和元年9月18日付けで「航空法及び運輸安全委員会設置法の一部を改正する法律(令和元年法律第38号)」・「航空法施行規則の一部を改正する省令(令和元年国土交通省令第29号)」が一部施行・全面施行され、以下の無人航空機の飛行の方法が追加されます。違反した場合には罰則が科せられますので、ご注意ください。
・アルコール又は薬物等の影響下で飛行させないこと
・飛行前確認を行うこと
・航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させること
・他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させないこと

 また、同日付けで「航空法施行規則(令和元年国土交通省令第29号)」・「無人航空機の飛行禁止区域等を定める告示(令和元年国土交通省告示第461号)」が全面施行され、一部の空港について航空法第132条第1号の禁止空域が拡大されます。
告示で定める空港(新千歳空港・成田国際空港・東京国際空港・中部国際空港・関西国際空港・大阪国際空港・福岡空港・那覇空港)では、新たに進入表面若しくは転移表面の下の空域又は空港の敷地の上空の空域が飛行禁止空域となります。
当該空域での飛行に係る許可には、空港設置管理者との事前調整が必要となりますので、ご注意下さい。

 


 業界ニュース  2019-09-13

航空局からのお知らせ

国際大会開催に伴う飛行禁止区域指定について

ラグビーワールドカップ2019の開催に伴い、「平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法」に基づく飛行禁止区域が指定されました。
大会開催期間及びその前後数日の間は、同法に基づき、全国12会場、ファンゾーン、ラストマイル及び関係空港並びにその周辺地域の上空における小型無人機、操縦装置を有する気球、ハンググライダー(原動機を有するものを含む。)、パラグライダー(原動機を有するものを含む。)等の飛行は禁止されます。
また、警察庁からの要請により「平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法」に基づく飛行禁止区域外の関係地域上空においても、無人航空機の飛行を自粛していただきますようお願いします(具体的な飛行自粛要請地域は以下のとおり)。やむを得ない理由により飛行させる場合には、管轄する都道府県警察本部に連絡してください。
具体的な飛行禁止区域等の詳細については以下のホームページをご確認下さい。


 お知らせ  2019-09-02

【終了】農業用ドローンデモフライト無料体験会

2019年9月12日木曜日・13日金曜日

本体験会は終了致しました。


2019年9月12日木曜日・13日金曜日に液体農薬・粒状薬剤散布を10L搭載可能な「飛助シリーズ」のデモフライト及び説明会を開催しました。
多くの方にご参加いただきありがとうございました。
次回開催等決まりましたら、こちらでご案内させていただきます。
今後ともよろしくお願い致します。

JUAVACドローンエキスパートアカデミー北海道校はドローンの基礎操縦技術の習得から、建築土木業界、農林水産業界、
災害支援などで活躍できる実践型のカリキュラムをご用意しております。
また、「飛助MG」の操縦に必要な技能講習の受講が可能な農林水産航空協会
認定教習所です。